スキーバスのツアーというのは、格安の料金で便利に利用できることから人気がありますが、ときにはツアーが直前になって予定どおりに実施できなくなってしまうことがあります。

そうした理由の典型的なものが、積雪量が見込みよりも少なく、スキーが物理的にできない状態になっているという場合で、これは天候がたよりのスポーツである以上はしかたのないことといえます。



このように、スキーバスによるツアーができなくなった場合は、数日前までに催行会社から電話などによる連絡があるはずですが、その後の取り扱いにはいくつかのパターンがあります。

信頼性の高いスキーバスの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

まずはスキーバスのツアーを中止とするだけの場合で、すでに預けていた旅行の代金は全額返還されるのが通例となっています。

次に、当初予定していたスキーバスツアーとは別のツアーへの振り替えが行われる場合で、ゲレンデの場所や料金なども当初とは異なってきますので、差額については調整となる可能性があります。

NAVERまとめを是非ご利用ください。

このあたりの取り扱いについては、あらかじめ配布されている旅行企画書などに書かれているはずですので、よく読んでおいたほうがよいといえます。

そのほかにも、ゲレンデのすべてが使用不能となっているわけではないものの、運行リフトの一部が停止していたり、滑走コースの一部が閉鎖されていたりといったことはつきものです。


こうした一部だけの場合については、原則として催行中止とはならず、そのまま催行されることが多いようです。